RKK熊本放送

いいことあるぽRKK

熊本放送 環境方針

平成25年5月
(平成29年9月 一部内容更新)





基本理念

熊本放送(RKK)は、「森の都」「水の都」とも呼ばれ、自然豊かな農業県「熊本県」にあります。県土の約7割が森林に占められ、その森林は4つの一級河川や1000か所以上の湧水地をもたらしています。そして、日射量も全国的に高く森林などを豊かに育んでいます。この「森」「水」「太陽」によってもたらされる「自然の循環」は、豊かな風土を造ってくれます。しかし、近年の地球環境の変化は、温暖化による異常気象など、世界規模の危機に直面しています。また、原子力発電所の稼動停止に伴う再生可能エネルギーによる発電など、この危機に対する政策や議論も進められています。 私たちメディア企業も社会的責任として、放送や活動を通じて地球環境の保護、温暖化防止への意識の普及・啓発に努めると共に、自助努力として環境負荷低減事業に取り組むなど、長期的視点で環境保全に貢献することを目標とし、恵まれた熊本の風土を守り残すために努力します。


基本方針

1)私たちは、放送事業や事業活動などを通し様々な環境問題に対する意識の普及・啓発に努めます。

2)私たちは、自らの企業活動により環境システムの改善と維持に努めます。
 ・消費電力をはじめとした、消費エネルギーの削減に努力します。
 ・再生紙の利用及びペーパーレスの推進に努めます。
 ・太陽光発電事業を通して、再生可能エネルギーの推進に努めます。

3)環境保全に関する法令や自主行動計画を遵守し、環境に配慮した視点を持ちその責任を遂行します。

4)この環境方針とこの方針に基づく各取り組みについて、当社ホームページなどで情報を開示します。



ECO活動への取り組みはこちらをご覧ください



ページトップ

©  RKK 2017