RKK熊本放送

いいことあるぽRKK

熊本のニュース


情報受付 096-355-2031(報道部) news@rkk.jp

厳しい寒さ続く 例年より早く阿蘇市の「古閑の滝」が凍る
2017年12月14日 19:19 現在

連日、厳しい寒さが続いています。阿蘇市にある「古閑の滝」は、この寒さで例年よりも早く氷のオブジェとなっています。
阿蘇市一の宮町の標高およそ750メートルにある「古閑の滝」では、このところの冷え込みで落差およそ100メートルの滝が凍りついています。
滝は、もともと水量が少ないこともあり、冬場寒さが厳しくなると滝全体が凍ることで知られていますが、地元の人の話では、この時期に滝全体が凍るのは珍しく、例年より2週間から3週間ほど早いということです。
滝は、山肌に吹き付ける冷たい風によって、水しぶきが凍りつき、自然の作りだした氷のオブジェは、阿蘇地方の厳しい寒さを象徴する冬の風物詩となっています。
14日の最低気温は阿蘇市乙姫で氷点下6.3℃、県内ほとんどの地点で、この冬一番の冷え込みとなりました。
熊本市でも14日朝は、今シーズン一番の冷え込みで、気温は氷点下2.4℃まで下がりました。
「寒い!と思って、引き返して、厚手のコートを着てきた。早いですね寒波が」
「赤ちゃんの方が気を使いますね。動かないので、動かない分、暖かくしてあげないと」(街行く人)
15日の県内は、日中は寒さが和らぎそうです。


ニュース検索(過去2週間)

情報受付

096-355-2031(報道部) news@rkk.jp
096-355-2031(報道部)
news@rkk.jp

ページトップ

©  RKK 2017